【遮熱サーモバリアスカイ工法】

  ■施工事例(お客様)の紹介 

§某自動車部品メーカー様


​​【工事概要】

建物の使用用途:機械加工工場の折板屋根
施工場所:栃木県さくら市(喜連川工業団地)
施工面積:1,753㎡
施工工法:サーモバリア スカイ工法
施工時期:2019年6月
施工期間:約1カ月

【目的】
職場環境改善・夏季の工場内室温の上昇対策・消費電力の削減

【結果・感想】
梅雨明け初日の7月30日、厳しい日差しが降り注ぐ午前11時の気温は既に34℃屋上に登り測定。結果は B/A の差は-12でした。
 
室内確認のため作業スペースに移動。
工場内は一般的な構造で、天井はなく折板屋根の露出タイプで仕上げられています。

作業スタッフの方に室内環境を尋ねたところ「昨年までは屋根からの熱を直接感じたが、今年は全く感じない。エアコンの設定温度も、社内ルールの25を無理なくキープしている。とても良い環境になった。とお褒めの言葉を頂くことができました。
 
スカイ工法による遮熱工事の結果・・
室内温度は
23.9

・夏季にあっては太陽による輻射熱が無くなり、工場内は快適な室内温度が保たれるようになった。

・冬季は屋根から逃げる室内の熱を保温するため、一年を通し電気代のコストダウンに貢献できそうです。

§石﨑畜産TIファーム様

施工場所  : 栃木県大田原市佐久山5118 ☎0287-28-0973
 
*室内施工
建物の用途  : 養豚畜舎(分娩施設):約 75 ㎡
​施工目的  : 分娩室の保温(冬季:暖かく夏季:涼しく)
 
施工商品  : サーモバリアS(@4㍉ W=1.2m×L=40m)
施工面積  : 約 180 ㎡
施工方法 :サーモバリアを壁、天井に胴縁押え・ビス止め
施工時期  : 2021年1月
​施工期間  : 約一週間(お客様施工)
DSC_0012_2.jpg
サーモバリア